営業Kです。10月最終の土曜日、毎年恒例の「社員総会」が行われました。

今年は、まず社長から社員総会の意義と趣旨の説明があり、

午前はデザイン業務に関する『講習会』。

お昼をはさみ、講習で学んだ知識を制作の現場で実践する『応用演習』と、

その成果を発表する『プレゼンテーション』で構成されます。

 

午前に行われた講習会のテーマは『インフォグラフィック』について。

『インフォグラフィック』の現在に至る歴史的な流れや、現代の代表的な作品を見て、

知識を得ながら制作現場でどのように作成していくかを分かりやすくレクチャーしてもらいました。

午後からはここで学んだことを実践する『演習』が待ち構えていることから、みんな真剣に聴講しました。

001

002

午後の演習は《京都の瓦メーカーから、『京瓦』についてのPRをして欲しい》という架空の依頼を想定。

社員がA班とB班の2チームに分かれ、『京瓦』についての情報をA3一枚の用紙に鉛筆でラフ案を作成するという作業を行いました。

『京瓦』の何についてまとめるかはそれぞれの班が話し合って決めます。

結果、A班は「瓦の商品展開について」、B班は「瓦の歴史について」まとめることになりました。

0022

0033

制限時間2時間で、情報収集・分析、構成、作画、コピーライトはもちろん、即刻判断することや役割分担、また異なる考えの調整等、デザイン業務にかかわるすべてを凝縮して行わねばならず、かなりの瞬発力が必要な課題でした。

003

その後、各班のリーダーがプレゼンを行い、互いの班のラフ案の良いところや替え全店などの意見を述べ合い、インフォグラフィックをテーマにした勉強会は終わりました。

0044

006

普段は、スカイプなどの通信手段を用いて仕事をしている福岡と京都のメンバーが、直接膝を突き合わせて作品を作る経験ができてとても有意義な時間でした。