京都制作のつじんぬです。こんにちわ。
先日会社のウェブサイトをリニューアルさせていただいたお客様から、
「今度展示会に出展するんだけどサイトに使ったイメージを展示会でも使用することは権利的に可能でしょうか?」とお問い合わせをいただきました。

このサイトに使ったイメージが自社で撮影した物なら自社が許可を出せばもちろんOKです。ただ、今回はストックフォトサービスで購入した画像なんですがどうなんでしょうか?

ストックフォトでは、ライツマネージド(RM)やロイヤリティフリー(RF)という言葉をよく目にされると思いますが、それぞれの商品の特性や違いについて、正確に知っているという方は、意外に少ないかもしれません。

ライツマネージドは、ご利用の使用媒体や期間によって価格が決まり、お客様の申請された範囲内で作品をご使用いただく商品です。

ロイヤリティフリーは、「著作権フリー」商品ではありませんが、原則的に1度ご購入いただくと使用許諾の範囲内で何度でもご使用いただけ、使用都度のライセンス料が不要の商品です。メリットとしては、価格が安価であり、複数媒体で使用する場合などでも媒体ごとに費用が発生しないことが挙げられます。

amanaimages
https://amanaimages.com/topics/rights-service/7/
より引用


つまり、弊社がこのお客様の別の媒体で購入画像を使用する場合、
RMなら不可、RFなら問題ない
 ということになりますね。
実際にはWEB用の画像を印刷物に転用すると解像度的に使えないんですが…
日頃お世話になることも多い、ストックフォトの権利はクリエイターなら押さえておくべきでしょう!

ではみなさん、こちらはいかがでしょうか?
ロイヤリティフリーの使用方法で適切なものにOK、不適切なものにNGをお答えください!

  1. 制作会社AがクライアントBに購入画像を使用した制作物の編集可能データを納品
  2. 制作会社Aが購入画像を使用した制作物に購入画像をつけて納品
  3. 制作会社AがクライアントBが購入し、支給された画像を別のクライアントBに使用
  4. 制作会社AがクライアントBのために購入した画像をクライアントCの制作物に使用
  5. 制作会社AがクライアントBのために購入した画像を共同制作の外部制作会社Dに渡す
  6. 制作会社AがクライアントBのために購入した画像を家に持ち帰り個人的に使用する
  7. クライアントBが制作会社Aから納入した制作物の加工を別の制作会社に依頼する

 

rights_ex