こんにちは、つじんぬです。
サイト更新の際よくいただくお問い合わせが、

「更新したはずが変わっていない」というものです。

ほとんどのケースでサイトの更新前のデータがPCに残っていて、そのデータ(キャッシュといいます)を読み込んでしまうためにこういう問題が起きます。

キャッシュとは

なぜそのような厄介な機能があるのかと思われるかもしれませんが、実はこのキャッシュ、サイトを快適に見るための機能なのです。

cache01

キャッシュは他のページなどをいろいろ見ている内に消えるのですが、更新直前にそのページを見ていた場合…

 cache02

インターネット上の更新されたデータではなく、キャッシュ上のデータが表示されてしまうというわけです。

リロードすれば更新データを読みにいってくれる!

ですので、更新したときいたのに表示が変わらない…と思った方は再読み込み(リロード)してみてください。ほとんどの場合、これでインターネット上の最新データがロードされ、更新後のサイトが表示されるはずです。

cache03

やり方はお使いのブラウザの上の方のバー付近にある「くるっと回る矢印のアイコン」をクリックするだけです。画像はMac版Chromeですが他のブラウザでもだいたい同じです。
またはショートカットキー[F5] Macなら[⌘+R]を押して下さい。

最終手段「スーパーリロード」

しかし、どうしてもキャッシュを読みにいってしまって確認できないときがあります。
体感的にはPDFを差し替えた場合に起こりやすいです。ちょっと待って!「あいつめ、更新したと言いながらミスってやがるんじゃ…」と思う気持ちは一旦こらえてください。
別のPCで確認する、ブラウザ設定からキャッシュを削除する、もしくは「スーパーリロード」という手が残っています。

キャッシュ削除は少し手間なのでここはスーパーリロードを推奨します。やり方は

  • [Ctrl更新ボタン]
  • [CtrlF5]

Macの場合

  • [⌘ + R] (Chrome、Safari、Opera)
  • [⌘+ Shift + R] (Firefox)

です。

サイト更新の確認方法まとめ

  • リロード [F5]
  • 別のPCで確認する
  • ブラウザの履歴設定からキャッシュを削除
  • スーパーリロード [Ctrl + F5]

これだけやっても更新が確認できない場合…

まれに更新をミスしている場合がありますのでその時は大変申し訳ございません…